不動産会社からは不要な存在として見られています

私は、不動産仲介会社を10年経験してから起業しました。
これが現場の本音です。

なぜ、お客様の味方であるコンサルタントが不要なのでしょう?

不動産会社の売りたい物件を買って頂けなくなるから・・・?
担当者の知識レベルが明かされてしまうから・・・?

いいえ。
答えは、【希望エリアに存在しない理想だけの物件条件を言うから】です。

不動産物件は、地域により特性があります。
それは地域の歴史と行政の街づくりが形成したものであり、普遍的な知識では追いつきません。

つまり、自宅用の販売経験で得られる地域特性を読み解くスキルが必要です。

けれど、その地域特性をお客様が理解しプロと同じ目線になると、街を改めて歩くだけで物件探しのヒントが見えてくることがあります。

そもそも不動産コンサルティングって?

  • 不動産トラブルの解決
  • 今後起こるであろう問題を想定し回避、対策を計画。そして、お客様と共に遂行すること

損や失敗をしたくないなら必要不可欠な存在

テレビなどマスメディアで不動産トラブルが取り上げられています。
なのに、損や失敗が後を絶たないのは何故でしょう?

それは、お客様が物件の正しい判断基準を教えてもらえていないからです。
そんな状態で、物件の見た目が良ければ購入を決断しています。

担当者は、どこまでのプロとしてのプライドを持って接客に当たっているのでしょう?

お客様にきちんと不動産や住宅ローンを理解して頂いてから、具体的に予算決めや物件のご提案をしていないのが現状です。

成約までの時間が長くなれば経費が掛かったり、他のお客様の応対ができなくなります。

自宅の購入というのは理解するほどに《考えていなかったこと、話し合っていなかったこと》が驚くほど出てくるので【今、買いたいという気持ち(購買意欲)】が確実に冷めます。

これは営業行為とは相反する現象ですね。
だから結局、適切な時期での購入に至るケースが0に近くなり、一般エンドユーザーにだけ損や失敗が生じています。

昨今では物件情報だけでなく、不動産知識もフリーマガジンやインターネットでも情報は得られます。

問題は、それがお客様にとって適している情報か否かは別だということ。

無料の情報には、情報提供者や情報誌に掲載料を支払っている不動産会社の思惑が必ず含まれていて、それを読んだ方に取らせたい思考、行動のための文章構成になっています。

そして、お客様は自分が気に入った知識を身に付けてしまい、自分に適した考え方からかけ離れてしまうことがあります。

最悪な場合、どこの不動産会社へ訪れても面倒臭いお客様として扱われ、知らず知らずのうちに相手にされなくなり、時間的損失も出てきます。

損や失敗をしない第一歩

それは意外にも、お客様がお客様自身を把握すること。
そのうえで、プロに自分を伝えられる自己表現が的確に行えることです。

今、本当に必要な存在は、お客様と物件を繋げることよりも、お客様の価値観を守りながら物件を探す方法を考えられるプロではないでしょうか?