今回のご相談は、サブリース契約の更新内容について。

貸し出している不動産のサブリース契約が、更新を機に内容を改めたいとの申し出があったとのこと。

どうも不利な契約になりそうだ、と

 

大手不動産会社が契約相手。

不動産のことが分からないまま調印するのは釈然としない。

事前にサブリース契約についてや損が起こる問題点について教えてほしい、と。

 

弊社は、ブログを読まれた方には分かる裏メニューがあります。

その一つが、不動産トラブルバスター。

 

今回は、知人を介してのお問合せ。

多くのお問合せが、既にトラブルになってからのお話しなんですよね。

 

今回は、事前学習のご依頼。

相手方と話す前にサブリース契約の基礎を知りたい。

損になるケースや泣き寝入りのケース。

相手と対等に話す為の調査項目etc・・・。

 

事前対策・・・つまり準備です。

こういった方は大歓迎です!!

ですから、トラブルバスター価格の1/4の料金プランをご提案させて頂きました。

 

ここでポイントなのが、弊社は簡単に言えば『準備屋』だということ。

相手の出方が分かってからの「困った。」のご相談。

これらは、トラブルとしてお請けしているということ。

 

火傷やケガなどと同じです。

火傷してからだと薬や治療費が必要。

けれど、気を付け方を知っていれば言葉だけで済みますよね?

 

不動産トラブルも同じです。
事前対策なら、親切価格で請けているというだけです。

 

何事もそうですが、誰にどんな状態で相談するのがベストなのか?

そういったことを踏まえながら相談というのはすると、プロに頼んでも少額で済むことがありますよ。

 

————————————–

知る努力と、自分で立ち向かう覚悟を。

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

600万円以上のコストカット夫婦円満を約束する

不動産の家庭教師

嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。

 

遠方のお客様には、Webカメラでの対応も可能。

パソコン画面を共有しながらの講義で理解もラクラク♬

お問い合わせはこちら♪