お客様が、印象や自分軸に悩んでいると伺いまして、お手伝いを申し出てみました。

 

自分軸については私の分野です。

もちろん、担当させていただきます。

 

ただ、印象となる服装。

ファッションは、さっぱりな私。

 

そこで、何度もお世話になっているパーソナルスタイリスト 匠(たくみ)

武藤和也さんをお客様にご紹介させて頂きました。

 

いきなりお引き合わせして

「服装を見繕ってほしい!!」

そんな乱暴なご紹介ほど無責任なものはありません。

 

当人同士の相性こそ大切です。

今日は、お引き合わせをしまして対談のみです。

 

お客様が、「この人なら…」

自分のことを話したくなるか否か。

そのジャッジをいただくことが目的です。

 

どんなに売り込み文句が上等なものであろうが関係はありません。

本当に大事なことは、ご本人の心がどう反応したのか?

 

ワンポイントアドバイス

ちょっと『?』と思ったからといってシャットアウトしないことです。

 

疑問や不安も、安心や承認も、きちんと自分の中で言語化してみること。

そして、業界について調べてみることです。

 

今や他人や競合を陥れようと書き込みをするなんて日常茶飯事

もはや、誰が書いたか分からない評価に信ぴょう性はゼロの時代なんです。

 

自分自身の判別能力が鍵になっている時代です。

この認識は、本当に大事です。

 

勘違いは、勘の間違いです。

自身が、その業界のことを知らない。

だから間違った良し悪しを判断してしまうのです。

 

幸い、今回のお客様は以前スタイリストさんに相談したことがありました。

そして無事、お仕事をお願いされる運びに。

 

人生で損をしないコツ

それは・・・

きちんとオーダー出来ること

 

「この写真は、何色?」

と尋ねたら、答える色の順番は人によって違うと思いませんか?

人によっては、答え方に戸惑ってしまうかも知れませんね。

 

それだけ印象というのは入口で変わります。

けれど、出てくる答えを並べると、ある程度そろったものになる思いませんか?

 

ましてや、自分が答えて欲しい順番があるなら

条件を出せば、求めた答えは得られます

 

本当は、相手は答えを知っているのに

なかなかその答えが出てこなくてイライラ。

ケンカになったり、見限ってしまったり…

 

勿体ないですね。

 

・自己紹介

・商品説明

・プレゼンテーション

・発注

・プロジェクト

・進捗管理

・お願いごと

・尋ねごと

 

これら、すべてがオーダーです。

オーダーとは、明らかにすることだと思っています。

 

プロを活かすコツは、準備と伝え方です。

コミュニケーションに

仕事もプライベートも垣根も壁も、違いもありません。

 

お伝えしていることは

知識×思考×コミュニケーション

 

だから、仕事も家庭も人付き合いも

ストレスが軽くなって愉しく上手くいくようになるんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

知る努力と、自分で立ち向かう決意をサポート

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

600万円以上のコストカット夫婦円満が続く

不動産の家庭教師

嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。

 

お問い合わせはこちら♪