仕事柄、聞かれることでもあります。

 

妻とは、出会って17年。

これまで喧嘩に至ったことは一度もないです。

ゆえに、夫婦円満の秘訣を聞かれることが多々あります。

 

ただ、感情剥き出しに言い合うことはないだけの話しですよ?

お互いの価値観や、その価値観に至るまでのエピソードなどの共有は沢山してきています。

 

夫婦で、お互いに思っていることがあります。

感情剥き出しにしても話しは進まないし、効率的じゃない。

相手への配慮も尊重もなくなるから好きじゃない。

この共通した価値観が幸いしています。

 

基本的に争いごとが好きじゃないですから。

 

夫婦の形って、当然に人それぞれです。

だから、夫婦円満と感じるところも違いますから難しいテーマですよね。

 

幸せなことって、いくつ挙げても足りないぐらいだと思うんです。

キリがない。定義って難しい。

 

≪目次≫

結論から言えば

程よい距離感を取っていますか?

喧嘩にならないためのルールはありますか?

裁判の判決で使われる情状酌量の観点

結論から言えば

相手の嫌なこと、嫌だと思う『程度』をしっかりと知っておくこと。

 

夫婦になるぐらいですから、趣味や好きなことが同じであることは沢山あるはず。

 

ちょっと知っておくと良いと思うことがあります。

 

好きなことばかりの共有は、いつしか『強要』になる。

相手が怒るほどの嫌なことを認識しておくと、ストレスが少ない環境になる。

 

好きなことの共有は、頻繁にし続けなくても離れていくことはない。

居心地の良さには、嫌なことがない居場所という定義が一つある。

 

程よい距離感を取っていますか?

相手は自分ではないんですよね。

だから、自分の中の常識なんて相手から見たら非常識なことって多いものですよ。

家事一つを題材にとってみても、こだわりやコツにしていることは違うんですから。

 

友人夫婦の喧嘩の発端を聞いて、率直に思うこと第一位。

『それ、感情的にならなきゃならないこと?感情的にならないと伝わらないこと?』

 

正直、これです。

感情的になる必要性なんですよね。

 

必要性があるほどの事柄じゃない。

けど、直してほしいな。

そう思うことは当然にありますよ?

 

喧嘩にならないためのルールはありますか?

私たちは、美味しい料理と美味しいお酒が大好きな夫婦です。

仲良く過ごしていけている理由になっています。

そこで、この特性を活かしてみたんですよね。

 

直してほしいことはレストランや、ちょっと雰囲気の良い飲み屋さんなどで。

美味しいものを食べて和やかな雰囲気の中で言うことにしています。

人様の空間ならば声を荒げること自体を抑制できますからね。

 

自分も相手も不快にならないように気を付けながら、どのようにしてほしいのかを伝えるようにしています。

 

これは、我が家が≪美味しいもの≫で繋がっているからしているルール。

皆さんの夫婦の形、カップルになった経緯は違います。

ですから、自分たちの形に添って自分たちで話し合ってみるのも、良いと思います。

 

言いたいことを言って、スッキリするのは言った側の人だけ。

言われた側の人は直したいとは心からは納得しづらいもの。

 

場合によっては、意固地になって素直に直すこと自体に反発したくなることだって、あるようですよ?

 

裁判の判決で使われる情状酌量の観点

直してほしいことを伝える時に、とくに気を付けて耳を傾けるべきことがあります。

 

相手が、ついやってしまう癖の背景、原因、体験、こだわりは何か?です。

 

背景、経緯、体験があるから価値観や行動の癖が生まれてしまうんですよね。

だから、裁判では凶悪な犯罪についても≪情状酌量≫が適用されるんです。

 

『そっか、そんな環境下にいたら、そうなっちゃっても仕方ないよね…』

これが情状酌量です。

 

大事なことは、価値観の形成のされ方を知ってみること。

 

………

 

なんて、偉そうに言っていますが、大概、私の場合、間抜けなものです。

妻から『それって、何かこだわりとか意識しているものがあるの?』

と聞かれても、ほとんどが無意識。

 

100戦、100敗なイメージ(笑)

だから、素直に改めています。

意識して同じ行動にならないようにしていますよ。

 

無意識の行動で大切な人に嫌われたり、呆れられたりされたくないんです。

だから、意識して嫌われる可能性を極力低くしています。

 

夫婦だからって、自分に怠けて良いわけではないです。

夫婦という壊れてもしまう関係だからこそ、気を付けなければいけないことってあると思っています。

何年一緒に居たとしても。

 

知る努力と、自分で立ち向かう覚悟を。
あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

600万円以上のコストカットと
夫婦円満を約束する不動産の家庭教師
嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪