報告が遅くなり恐縮ですが、無事、タイから帰国しました。

龍雲は運気が上がるとも聞きますので、皆さんの運気が上がりますよう画像をアップしますね。

 

タイ旅行は、どうだったのか?

 

まぁ、相変わらず海外に行くと、何かしら起こって飽きない人生です(笑)

 

昨日、ブログに書いた通りです。

「何事も、誰かの何かの役に立つ!」

そう思って、お役立ちブログのネタに転換です♬

 

他人から見たら惨事でもあったんですが捉え方によっては

「良くなる兆しかも!?」

と思えることでもあったんですよ。

 

使い過ぎで擦れて、黒いスマホ本体の側面が白い。

カメラは、2年前に落とした時にレンズが破損。

デジカメを常に持ち歩く生活。

 

「いい加減、買い替えろよ…」と周りから言われるレベル。

だからか、あんまり気にしていません。

買い替えなさい、という啓示かも???

 

妻は、私が落ち込んでいないか、かなり心配してくれました。

が、当人がケロっとしていますし、理由も伝えたので納得してもらえました。

 

悩むより、考える

さてはて、タイ観光の初日は、寺院と王宮観光。

フッと空を見たら龍雲が…

 

これを目にしていたんで、この夜に起きたことに凹みませんでしたね。

 

それもこれも、機内で大杉日香里さん著書【「龍使い」になれる本】を読んでいたから。

『運気が上がって起こることは、良い事象ばかりとは限らない。』

『一見、遠回りや良くないと思えることも結果として最善に導かれることもある』

 

『大切なことは、何が起きても「より良く生きるために」と考えること』

この言葉は、とてもとても力強いと感じました。

 

この言葉からの思考は、悩まなくなる・顔を上げて前を見据えながら考える姿勢になると分かります。

自論になりますが、悩むと考えるは根本的に違うと思っています。

 

悩む:答えが出ない領域で、グルグルグルと「いや…でも…だって…」と、思い付いた答えがあっても元の状態に自分で自分自身を戻そうとする脳の状態

 

考える動き出す覚悟をもって、答えを出そうと前と上を向いている状態。

考えている状態は、今いる状況や環境から抜け出そうとしているので、元に戻らないようにする決意があるんですよね。

 

このように私の中で定義しています。

これって、公私問わず誰かの相談に乗る時に、とても役に立っているんです。

 

「この人は、悩みたいのか?考えたいのか?」

悩みたい人には付き合いません。

そもそも『悩みたい』って文字にすると分かるんですが、話しに付き合っても巻き込まれるだけで次の展開が待っていそうですか?

 

考えたい人には付き合うことで、私自身にまた刺激や学びを得られることを私は知っています。

相手のための時間が、自分のための時間になるってスゴくないですか!?

私は、こういう時間が大好きです♬

 

一年を振り返る機会に

今年は、様々な方から【龍】の言葉を、よく耳にした一年。

タイ旅行に行くとなった瞬間から

「どうしても寺院に行かなくては」

「行きたい!!!」

と湧いてくるものがあったんですよ。

 

不思議ですが、その声に従ってみて良かったです。

人生初の龍雲に出会えました♬

 

龍雲を目にして、皆さんの運気も上がりますように…