ブログを書くにあたり、まずは不動産の基本など「知識」を手にする前にしておくことから書かせて頂きます。

20代・30代で知っておきたい600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

なぜか?

それも、実際に起こっている事例も挙げながら書かせて頂きます。

 

失敗してしまう手順をご存じですか?

自分が所有している物件や、親御さんから相続する不動産について考える際、売ろうか?貸そうか?建て替えようか?迷われることは当然に起こります。

どのように処置をするにしても、ありがちな損や失敗に陥ってしまう手順があることをご存知ですか?

 

それは・・・はじめに不動産会社に相談すること。

そして、不動産のことを最初に知ろうとすることです。

 

不動産会社に相談する前に

不動産会社に相談する前にしておくことがあります。

それは自分の気持ちや考えを整理して『自分軸(目的や結果に向かうための自分で決めた考えや意見)』を持つこと。

そして、家族や周りの方々の気持ちや意向もしっかりと確認することです。

 

自分軸を持たずに周りの意見を伺うと、大変なことになる場合もあります。

弊社に相談に来られる方々を見てみると、自分の気持ちを整理していない方も多くいらっしゃいます。

 

例えば、相続した実家や投資用ワンルームマンション。

これらの売却のご相談で来られた場合、ネガティブなものが多いものです。

 

「どうしたいのか?」

これには答えられても・・・
「では、その不安、不満が解消されるなら売らなくてもいいですか?」

「そこまでの不安、不満まで至らない状態になったら、どうしますか?」

続けて「こんなこと、できますが?」

と、相談者が予想もしなかったポジティブになれる提案をいくつかしても答えられません。

予想しなかったことにより混乱してしまうようです。私からすれば、お話しを聞けば聞くほどに、本当にしたいことが聞こえてくるので、それに即して考えただけです。

 

それでも、決まって皆さん答えを宿題としてお持ち帰りになられます。

そして後日、最初のお願いではなく、ご提案内容で動いてみたいとご連絡をくださいます。

 

「どうしたいか?」とは、売るとか貸すとは違うもう一歩先の答えが、相談者の中にあることが大切です。

 

不満=売却の提案になりやすい根拠

売却を胸の内に秘め、売りたいと言わなくても不満いっぱいの状態丸わかりで「どうしたらいいですか?」なんて不動産会社に言ったら売却を勧められるでしょう。想像つきますよね?

 

ちょっとここで不動産会社側の視点も学んで頂きたいと思います。

例えば、一戸建て。

通常、同じ物件ならば賃料と購入後の返済額というのは返済額の方が低いものです。
で・す・が、ここでは一律として仮定してみます。

仲介手数料は受領の上限額としての計算です。

 

賃料15万円の物件だとします。

賃貸物件で成約に至った場合、仲介手数料は一ヶ月分の15万円(税抜)です。

 

では、購入(売却も同じ)では。

35年借り入れ 変動金利 0.775%としましょう。

100万円あたり2,719円が返済額です。

月々の返済15万円÷2,719円×100万円=約5,500万円

※返済額から物件価格を割り出す計算式です。

※金利がもっと低ければ、もっと高い物件ということになります。

 

5,500万円の物件の売買の仲介手数料は・・・

5,500万円×3%+6万円=171万円(税抜)

 

賃貸と売買での不動産会社の活動内容は、実務経験者として言わせて頂くとなんら変わりません。

大して変わらないのに収益が10倍以上も違うんです。

 

賃料よりも返済額の方が低いものと書きましたので、例えば、月々の返済を3万円低くしましょう。

上記の計算式から4,400万円の物件となります。

仲介手数料は138万円(税抜)です。9.2倍の収益です。

 

相手のポテンシャルを引き出すために

上記の計算式を見れば、会社の社員として、どう提案すべきかはわかりますよね?提案しなかった後の上司への報告…やり取りを想像してみてください。

良い人そう、というだけで物事を簡単に委ねないことをオススメします。

 

話し相手の収益が見えると相手の事情、思考も見えてきます。

あなたが判断できる自分軸があり自己表現できれば、相手の言動や思考も変わり結果が変わります。

購入にしても売却にしても、あなたが発注者であり指揮命令系統はあなたにあります!

だから、あなたが上の立場であること、あなたが判断できるための考え方を得るために相談はしてみてください。

 

「どうして、そうしたいのか?」を不安、不満だけではなく「これからについて自分にはどんな展望があるのか?家族に対しては?周りに対しては?」そういった前向きな視点から捉えた物事も確認して整理しておくことです。

 

意外な提案とは、あなたの自分軸から生まれてくるものなんです!

 

不動産のことを最初に知ろうとすることのリスクについては、次の記事にて・・・。

愉しみにしていてくださると幸いです。

 

このブログの一つは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしない為に。

各業界の担当者には、『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪