『人生の大きな買い物だから、自宅の購入は資産価値が上がる街を選びましょう』なんて言われていることがありますが、それは大きなリスクでしかないですよ?

 

20代・30代で知っておきたい600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

自宅購入のプロとして都心だけでなく、全国を範囲として活動させて頂いております。

ですから、インターネットで見かけたという何かしらの記事を読んで勘違いをしてしまって損をしている方もまた多く見てきましたので、そういった方が増えないために書きたいと思いました。

 

短期での買い替え相談からわかるもの

資産価値が上がる街を選ぶ。

これは、物件の相場も高くなりお客様は『損をしたくない、出来れば得をしたい』という心理ブロックが働き、予算などに無理が生じてしまうことがあります。

 

結果、住空間と自分たちの暮らしとのマッチングが薄くなりがちです。

短期での売却のご相談に関わるほどに、実態として見てきてわかったことです。

 

相場が高くなって、検討範囲が営業エリア内で絞り込めて有り難いのは、誰もが同じです。

 

リーマンショックや震災の際に何があったのか??

価値が上がる物件の購入を挙げる不動産会社の人に言いたいことがあります。

リーマンショック、震災など価値が大きくブレた時に、どんな売却理由が増えていくのかをご存じですか?

 

離婚、解雇、勤め先の先行きへの不安・・・

ネガティブなものばかりです。精神的なものが及ぼすものは生活と直結します。

 

良い時ばかりをお客様に想像して頂くのは、売る・貸すを仕事としているので当然でしょう。

 

けれど、価値が下回った時の人の心理、就業先の状況の変化に対応するにはどうしたらいいのか?

そのアドバイスや、配慮ある物件提案は必要ないのでしょうか?

 

投資とギャンブルは違います

不動産会社の情報は、お金の本質的な話しに触れていないと思いませんか?

投資も不動産もお金の話しなのに・・・

お金のことを考えたいなら、株は株、不動産は不動産といったカテゴリーで分けて考えるのはオススメしません。

どれも繋がっている話しです。どのように繋がっているのかがわかるように知ると面白みも増しますよ。

 

自宅は、自宅。投資物件は投資物件で割り切ることが何よりも大事です。

兼任するような買い方は、お金について十二分に増えてから買い替えて遅いことはありませんよ。

 

不動産を自宅以外に持つことなんて、買うことなんてできないと勘違いしている方が本当に多くいらっしゃいます。

 

投資用の物件を買えないなら買わなければいいんです

将来のお金の不安を、不動産投資で叶えようとしなくて大丈夫です。

他のカテゴリーを学ぶ人ほど、国内不動産投資は後回しにしているものです。

不動産投資のリスクを良く知っているからです。これが真実です。

 

お金のことは全体を知り、バランスを考えなければなりません。

自宅は自宅の本質、投資は投資の本質があります。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪