これまで相談した不動産会社の対応、見解が正しいものか確認したいとのこと。

今回は、無料相談をご利用いただきました。

 

セカンドオピニオンもしている不動産コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

状況を聞けば、物件は関西にある事業用不動産。

 

今、現地近くの2社に相談をしているが

査定額、媒介契約(売却活動依頼の契約)、対応の仕方が

まったく違うので、自分が良いと思える会社も正しいのか不安とのこと。

 

お気持ちが、よく分かります。

比較対象があっても、それは程度の差であり根底がきちんとしているのか

そもそも何故そんなに開きがあるのか?は解明されないものです。

 

つまり、判断基準が上がったわけではないということ。

これに気付ける方って、実は少ないんですよね。

 

こういった方は、日々のご自身の仕事の質や

仕事への姿勢のレベルも高いものです。

 

セッションをしていて

私としても刺激となる時間を頂けた想いです。

 

ご相談者が良いと思っていた不動産会社は

業界の者として見ても素晴らしいお考えを基に

動かれていることは話し手を通していても理解できました。

 

理屈のない指示はキケンですよ

私がアドバイスしたこと。

それは、不動産会社の提案内容ではありません。

 

ご相談者が不動産会社に指示しようとしていた売却時期について

余りにもチャンスを逃して損にしか繋がらないものでしたので

その根拠とコツをお伝えしたまでです。

 

では、今回、様々な点で生じた≪差≫は、どうして起こるのか?

それを業界問題にも触れながら解説し

本来、お客様のために≪あるべき姿≫についても説明させて頂きました。

 

だからこそ、いかにその会社が素晴らしいかを

熱弁させて頂きました。

 

リアルで私と会ったことのある方なら

想像できるかと思いますが・・・

そう、私が認められること、推薦したい人物や会社を

語らせたら止まらない、アレです。(笑)

 

最後は、私が関西の物件相談があった際には

仲介業務でお仕事を振りたいと思い

ご紹介をお願いしたほどです。

 

弊社は、仲介(物件の売り買い、貸し借りでお金を頂くこと)はしない

それで、中立を保つ会社です。

それだけに、正当な仲介業務をされる会社とのパイプは

喉から手が出るほど欲している情報です。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪