お客様から緊急のご連絡を頂きました。

漏水を起こしてしまい、階下にご迷惑を掛けてしまったとのことでした。

当然に初めてのことで動揺してしまっているご様子。

 

30代で知っておきたい『不動産屋さんの前に知っておくこと』

後悔させない購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

連絡手順が大事

弊社では不動産に関わることとして、暮らしについてもレッスンという形でお客様には知識や情報を提供しています。

 

このお客様は、損害保険についてのレッスンを既に受講されていました。

動揺していたご様子でしたが、私に連絡する頃にはお手元に損害保険に関する情報がまとめられていました。

こうなれば後は、保険適用の連絡手順です。

 

そう、保険適用において大事なことは手順です。

 

保険会社によっては、保険金の出し渋りがあります。

受け答えも含め、この保険会社の事業スタンスが私たちにとっての損に繋がっています。

 

連絡手順の間違いは、関係を悪化させる

火災の場合、延焼を起こされても、燃え移った側の保険の適用がメインになってきます。

 

ここまでの知識ですと、保険会社への連絡手順にも違いが生まれてしまいます。

 

もしも、あなたがご迷惑を掛けてしまった側で

『損害保険は、被害を受けた人が自分の保険を使うものです。』

『だから、そちらの保険会社に連絡してほしい』

このように案内をして、連絡してみたら…

 

実は、あなたの個人賠償責任保険を使うということがわかったとします。

 

こうなると、余計に階下の方との関係が悪化することでしょう。

 

今回の場合、お客様はお部屋のための保険以外にも個人賠償責任保険に加入していました。

それも、多くの方が気付かずに加入しているため使われることの少ない『あるもの』に付帯されているサービス。

これに気付いているというのが、さすがです。

 

そのおかげで、個人賠償責任保険によって補償できる可能性がありました。

保険が下りる可能性を拾うための連絡手順をお伝えしました。

 

保険において加入よりも大事なこと

それは、相談できる関係を【保険会社の担当者】と築けるかどうかです。

 

事務的な手続きだけの関係性ですと、いざという時に困るのは、あなたです。

加入前に、しっかりと使い方を教えてくれる窓口、担当者から契約しましょう。

 

不動産会社指定の保険会社を勧められることもあるでしょう。

けれど、覚えておいてください。

 

加入が必須なだけです。

指定された保険会社で加入しなければいけない、というルールではありませんよ?

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪不動産のこと、どこに聞いたらいいのかな? 無料相談のご予約♪
仲介手数料の半額交渉 100%の実績
TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪