今回は、投資用区分マンション(区分=1室)の売却前に

自分の判断が正しいものか相談したいとのご要望。

 

聞けば、新築で購入した投資用マンションの1室

毎月1万円のマイナスが生じている

所有していて意味があるのかわからなくなった。

売却を考えている、というものでした。

 

さらに入居者の退去予定が決まったので

今後の方針を考えることになったようです。

 

目次

●明らかな販売担当者の説明不足

●年収900万円以下の方には不向き

●新築時から月3万円も損をしていた

●気付いてほしいこと「賃料は下がるけど・・・」

 

明らかな販売担当者の説明不足

どんなに担当者が説明したと言ったところで

所有者が、毎月の賃料収入のマイナスの意味がわからない時点で

恩恵が受けられない方です。

 

つまり、適していない方に販売したということです。

 

普通に考えれば、投資なのに毎月のマイナスって意味がわからないものです。

 

その説明が、曖昧か不足している場合にしか、おきない状況です。

 

年収900万円以下の方には不向き

新築投資用区分マンション(区分=1室)の基本中の基本です。

 

『毎月、賃料と返済の関係がマイナス』

これで恩恵を受けられるかどうかの指標は

年収900万円ですね。

その他の条件もありますが、まずはこれが第一です。

 

まともなFP(ファイナンシャルプランナー)なら

誰でもこのように言います。

 

反対するのは、不動産会社の人間。

そして、不動産会社からキックバックをもらっている人間だけですね。

 

お金について、少しでも勉強すれば分かります。

 

新築時から月3万円も損をしていた

売却のご相談ではありましたが、物件資料を拝見したところ

直観で違和感がありました。

 

売却査定はもちろん、賃料査定についても

追加料金なく行わせて頂きました。

 

すると、手堅く見ても賃料が2万円は安いことがわかりました。

当然に、現在は中古です。

 

新築時から一回も入居者は変わっていません。

賃料も変わっていません。

 

放っておいたら、ずっと月3万円の損をしていたでしょう。

1,000万円以上の損をするところでした。

 

結果、毎月がプラスになることがわかったことで

売却は取り止めになりました。

 

気付いてほしいこと「賃料は下がるけど・・・」

毎月返済でマイナスが生じる形での投資用区分マンションなら

覚えておいてほしいことがあります。

 

賃料は築年数に応じて下がっていきます。

ローンの返済額は、何年経っても一定です。

修繕積立金は段階的に値上げされるものです。

 

この3つの金額の推移の違いを覚えておいてください。

 

そして、これらの対処についても勉強は怠らないでくださいね。

だからこそ、購入時に確認しておくことが大事です。

今回のご依頼料

75,000円(税別)

 

弊社では、防いだ損失額による追加料金は

一切いただいておりません。

 

諦める前に、お近くの専門家に

ご相談してみてください。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

損を防ぎ、トラブルを解決する不動産コンサルタント

嶌田 竜也(しまだ たつや)

紹介割引で仲介手数料70%OFF

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪