弊社は不動産売買に特化したコンサルティングゆえ、今回は番外編のような内容です。

先日、東京ビックサイトで開かれた賃貸住宅フェアに足を運んた際のお話しです。

その名の通り、賃貸住宅における設備機器なども含め、あらゆるモノ、情報が出展されていました。

そこに『資産運用』というブースが設けられており、セミナーが開かれていました。

賃貸ですから投資用不動産という資産運用カテゴリーの一つです。

イベントは、大家さんのための最新情報の出展が本来の主旨です。

実際は不動産業者が大半ですけどね・・・。

ゆえに何を話すのだろう?と、若干、斜め上からの目線で興味はあります。

 

そのうちの一つを受講してみたところ、賃貸経営の捉え方が『本来、不動産会社が大家さんにお伝えすべきこと』であり『不動産販売営業マンが伝えていることが少ないこと』でしたので、シェアしたいと思います。

 

表現の仕方が分かりやすいものですが、私のオリジナルのものではありません。

 

そこでセミナー講師であった『マネーブレイン株式会社 代表取締役 宮下 和俊さん』にご挨拶させて頂き、セミナーの一部をブログに書くことの了解を得ました。

 

始まる前にスクリーンを撮影しておいてよかったです。

情報元 マネーブレイン株式会社

東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル2階

TEL:03-6661-6258

 

ちなみに、マネーブレイン株式会社は不動産会社でもなければ、不動産管理会社でもありません。

 

独立系ファイナンシャルアドバイス会社です。

本当にお金に強い方というのは、分かりやすく表現が上手なものです。

 

シェアしたいセミナー内容

宮下さんは20年以上、金融機関や証券会社でお客様の80%が大家さんや不動産会社の経営者だったそうです。

 

そこで気付いたこと、それは『成功している方は、不動産も中長期視点である』ということ。

そこから始まりました。

 

『当たり前だよ!』

そう思いますよね?

 

私も、この時点では思いましたよ(笑)

 

でも、この中長期視点で見ることを何かに例えて、投資用不動産の失敗を防ぐコツを言えますか?

 

『不動産運営を失敗しない王道的なコツを自分の頭の中と聞き手の頭の中を一致させる表現を言ってみて??』

 

そう言われたら、あなたは何をもって表現しますか?

 

数字や理論の説明なんて一般の方は覚えられないし、間違った状況に対して応用を利かせることもできないです。

 

宮下さんが出した一言・・・

『高台から海を見渡す、俯瞰するようにしてください。』

 

そう言ってモニターに映し出されたイメージ図は、こういう感じでした。

(同じものは見つけられませんでした。現場では、中期の懸念事項など色々と書いてありました。)

そこから、こう続けました。

『日々、起こることは波打ち際。』

『相続や建て替えなど、将来起こることは沖や地平線あたりのイメージです。』

『俯瞰する、視界に入れておくことで日々の対応も正しく判断できるものです。』

 

その通りだと思います。

日々の判断の何が、何に、どのように繋がっているのか・・・

これらを理解していなければ、不動産会社からの『一時の担当者』のアドバイスの鵜呑みというリスクを背負ってしまいます。

 

空室を恐れて安易にサブリースを組んでしまって、後々、『思っていたものと違った』とトラブルになってしまう。

不動産会社に言われた通りに賃料を下げてしまい収支計画が狂ってしまい、将来の相続で大変な目に遭ってしまう。

避けたいですよね。

 

断言しておきます。

中長期の視点で入居募集の条件を打ち合わせる担当者も、中長期の視点で賃料の値下げを提案してくる募集担当者は1%以下です。

物件の収支計画と損益分岐点まで把握し考察しての提案か尋ねてみればわかりますよ?

 

宮下さんの言う俯瞰のイメージは、本当に知ってもらいたいと思いました。

 

その後、証券投資の説明ではなく、投資の4つのステージなどのお話しを展開されており、お客様に投資そのものの基礎と発展の知識提供に徹していたところも公正であり、今回のイベントのカテゴリーとなる『不動産』をないがしろにしない気配りが見えられました。

 

上質なセミナーの証

さて、今回シェアしたくなった理由の芯の部分は、ここに上質なセミナーのポイントも表れているからです。

 

上質なセミナーとは、『大事なことが、いつでも簡単に思い出せること』です。

綺麗な言葉、かっこいい言葉でまとめられていることに意味や価値はありません。

 

先日、お仕事で悩まれている方とセッションした時にありました。

どこかで勉強してきたと言っていたセミナー内容について『そのテーマを一言でまとめると?』と尋ねたら・・・

『あ、まとめた一言も教えてくれたんですよ!』

『えっと・・えっと、お客様の・・・?あれ?顧客の・・・?求める?満足??違うなぁ・・・』

その一言さえ出てこないという場面を目の当たりにしました。

 

そういった意味ではイメージ図のセレクトも大切なんですよね。

 

分かりやすく、本質をとらえた話しが出来る方に、未来のお金の話しは聞きたいですよね。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪