先日ご相談頂きましたビルの契約トラブル。

いわゆるサブリース問題ですね。

 

契約更新にともなう内容に疑問を感じるということでのご相談。

 

サブリースが、問題に発展してしまう基礎知識を提供。

現状の契約内容と交渉内容の解説。

状況を、セッションを交えながら整えたところ・・・

 

謙虚に適正な形で受け入れるだけで

年間1億7,500万円以上の損が、手堅く見積もっても防げることが分かりました。

 

年々、それだけの損が生じる事を持ち掛けられたことが分かったわけですから、色々と冷静になれますよね。

 

基礎知識とは、あるべき健全な姿

現況とのズレが分かれば、損は防げるもの。

 

知識も状況も「情報」。

情報という武器は、きちんと揃えるだけで不動産運営は驚くほど変わるんですよね。

 

法の話しでないと弁護士は頼れないんです。

そんな不動産トラブルを専門に解決しています。

 

サービスメニューには載せていません。

ブログをお読みの方だけが知れる裏メニューというものですね。

 

訴訟だの裁判だの、法の上での話し合いだと長い日数が必要です。

けれど、そもそもの理屈のズレは基礎の追求なので数時間で終わるものなんですよね。

 

——————————–

知る努力と、自分で立ち向かう覚悟を。

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

600万円以上のコストカット夫婦円満を約束する

不動産の家庭教師

嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。

 

遠方のお客様には、Webカメラでの対応も可能。

パソコン画面を共有しながらの講義で理解もラクラク♬

お問い合わせはこちら♪