最近、なぜかよく目にすること、耳にすること。

『小さなことは気にしないで、大きなことにだけ取り組むようにする』

これが正しいよ、と。

 

正直、この類の意味合いの言葉は私には

『小さなことは見捨て、自分は大きなことを成そうと目指す』

としか聞こえないんですよ。

 

だから…

なんか、自分にはとても矛盾と、胸にザワつきを感じます。

 

言われていることが真理なのかもしれません。

 

ただ…

大きな事を成すまでの過程も、大切にできたらな。

て、欲張りな想いが湧いてしまう。

 

サラリーマン時代

私が配属された地域って、大手がひしめく地域ばかり。

来店される方は、うちのお店が3~4店舗目。

 

「なんで、そんなに色んなお店を回っているんですか?」

「なにがネックなんですか?」

その経緯から入ってたんです。

 

すると、まぁ大手さんなら面倒くさがったのだろうなと、簡単に予測がつく内容ばかり。

だから、自分が動くほどに気に入ってくれる。

成約率もハンパないものになっていた。

 

自分に合う仕事のやり方としては

そんな実績の作り方しか知らないっちゃ、知らない。

 

人によって合うやり方が違うことは分かっている。

実績の作り方は、いくらでも知っているし思い付きもする。

 

≪やり方や可能性なんて、いくらでもある≫

それが自分の営業を教える時のモットー。

 

だからですかね??

つい、想いのままに言ってしまうと

「そういう(大きなことに目を向ける)ものだ。」と

何度か言われたことがあります。

 

心が納得できない

だから、変わり者であることを活かそうと決めました!

 

小さなことと言われてしまうことまで耳を傾ける。

そして、最初から掲げているデッカいことを成す。

 

そうやって、ここまで来たし(笑)

誰も私の夢を笑った人が、起業から一人もいなかったんだから。

 

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

住まいも資産形成も
損をさせないプロの目線を教えます。
不動産の家庭教師
嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪