不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。

今回は、夫婦円満の継続に繋がるお話しの共有です。

パートナーは、せっかく結婚できたほどのお相手です。

生涯を通して仲睦まじく過ごしたいですよね。

 

このコツは、ホテル『ザ・リッツカールトン』が、サービスの質でも世界の最高峰に位置するひとつを思い出しました。

 

つまり、仕事がデキる人にも通じる話しです。

 

 

婚活コンサルタント 嶋かおりさんのメルマガの一説のご紹介です。

(ご本人から承諾を得て掲載しています。)

 

嶋さんは毎年、私をセミナーのゲスト講師として呼んでくださる間柄。

私は、信用を置ける方のメルマガは頂くようにしています。

 

お仕事をご一緒する方だからこそ

人柄が分かる情報源は頂いておいて越したことはありません。

 

どんなお仕事の方でも、本当に根っこをみて仕事をされている方の共通点は、分野を超えた思考を持っています。

おかげで、いろんなことを再認識できたりするんですよね。

 

そんな嶋かおりさんのお話しを、どうぞ。

 

 

相手の名前を呼ぶこと 

鉄板の法則なんですが

やれてない人、沢山いますね!

 

 

単なる挨拶でも

「○○さん、こんにちは!」 

と言われるのと

 

「こんにちは~」 

って、だた言われるだけ 。

 

どっちに好感を感じますか?  

 

恐らく

名前を呼んでもらったほうが

なんか、嬉しいかも! 

ってなると思います。

 

 

ホステスの世界でも鉄板です。

ママが、こっぴどく

指導してます!

 

必ずお客様の名前を呼びなさいと。

 

しかも

分けわかんない呼び名を 

付けちゃうのが最強!

「佐藤さん~」「宮崎さん~」
とか、苗字でもいいけど

「いわっち~」 

「やまぽっぽ~」 

「ぴーちゃん」 

とか(笑)

 

 

まぁ、ニックネームまで

付けなくてもいいけど

 

 

名前を呼ぶことは、 

好感度UPに非常に重要。 

親近感が沸くんですね! 

 

逆に名前を呼ばないと

 

どういう事になるかというと

 

あの子、俺の名前 

呼んでくれないんですよ… 

俺のこと、指差すんですよ… 

 

 

いつも「あなた」 

って呼ばれるんです 

冷たい感じがして辛いです。 

 

 

僕は名前を呼ぶんだけど 

向こうが呼んでくれないんですよね。 

 

 

主に、男性からの

こんな愚痴が多いです。

そして、呼ばない側も、

 

え~、今まで名前で呼んだこと 

一度もないかも。

 

 

なんか、名前よぶのとか 

恥ずかしくて… 

 

 

会話の中で、名前を呼ぶのが

習慣化している私からすると

不便でしょうがないのですが

呼ばない人もいるんですね ^^;

…と逆にびっくりします。

 

 

はっきりいって

相手の名前を呼ばないで

コミュニケーションするのって

コミュ障です!!w

 

 

遊園地にデートに行ったとします。

相手を振り向かせたい時

なんて呼ぶ?

 

お~い、お~い!とか?

 

ねぇねぇ?とか?

それじゃ、振り向きませんよ!

 

人を、振り向かせたいなら 

名前を呼びましょう。 

 

 

これは、女性だけじゃなく

男性だって、同じです。

 

 

相手を振り向かせたいなら

ちゃんと、名前を呼んであげること。

 

 

しかも、早い段階で

下の名前で呼びたいですね。

 

 

上級者は、ニックネームを 

つけてみましょう ^^

 

~~~~~~~

本日のまとめ

~~~~~~~

人を振り向かせたいなら 

 

ちゃんと、名前を呼んであげよう。 

 

好感度UPするには、鉄板です! 

 

名前を呼んでくれないって 

寂しそうにしてる人は 

意外に多いので 

 

 

恥ずかしがらないで、 

名前を呼ぶ習慣つけましょう。 

 

上級者は、ニックネームです!

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

嶋かおり

———————–

とても共感しました!

もっとメルマガを読みたい!

そんな方は、こちらをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/marriage7

 

私は、とても共感しました。

お子さまがいらっしゃる家庭では、お子さまがご両親を呼び時の呼称に合わせても宜しいかと思いました。

「パパ、ママ」

「お父さん、お母さん」

その後に、挨拶を付ける。

 

職場など複数の人が介している場で一人ひとりに挨拶するのは不自然に思われてしまうかも知れません。

だからこそ、個別で一緒になった際には名前を付けるのは素敵なことだと思います。

 

この話しを小手先と思うか否か。

それは、解釈と選択のセンスだと思います。

 

絶対ではないけれど、思い返すと

何気に私も妻に対して、していることに気付きました。

 

これも夫婦円満の、ちょっとしたことだけどポイントだな、と。

 

「恋人だから」

「夫婦になったから」

これで境目を作るのは勿体ないと、私は思います。

 

境目って、作ったことでプラスにだけ働くことなら良いかな、と。

何か軸を考えて、お互いの合意を決めているのなら、それは他人が口を出すことではないですけどね。

 

 

妻と、まだ友人の間柄だった時に教えてくれた価値観。

「お前と呼ばれるのは、本当にイヤ」

そんな呼び方をしたことないから、教えてくれた話ですよ?

一応、自分フォロー(笑)

 

 

これを聞いて

あぁ、この人は、人としての尊厳を守ること、守られることを見ているんだな

と、それまでの色んな話しとも共通することだと分かったことがありました。

 

一緒に居ていろんなことがありました。

でも、常に人として立ててくれる気遣いを感じました。

それで救われたこともあります。

 

ドラマなどテレビを見ている時に、「お前」という呼称を使う場面を見る度に思い出しますね。

 

あなたは、パートナーの価値観、生き方の軸の話しで思い出すことはなんですか?

 

Close up of small gift with heart shape

嶋さんのメルマガの話しを、顧客を捕まえる為の小手先のテクニックとして捉えるかは、自由です。

けれど、前向きに置き換えると幅広い話しになると思いませんか?

 

思考方法の違いって、面白いですよね。

可能性を見付けるか、片づけてしまうか。

 

解釈と選択のセンスと言った理由には、もう一つ。

それは、小手先のテクニックとして続けるなら、確かな効果を実感できない限りツラくなってくるだろうと思ったからです。

このテクニックひとつだけで人生が劇的に変わるとは言い切れません。

効果や実感がいつになるのかは、誰にも分かりません。

 

仕事の低迷が続いているから止める

そんなこともあるでしょう。

 

人は実感、気付きがないと止めてしまうものですから。

 

この話しの良いところは、自分の外に対する働きとして捉えず、自分の内側の為に使うことで本領を発揮できるところです。

 

自身の気持ちの把握です。

相手への愛情や信頼度を毎日、毎回確認することが出来るんです。

だから、軌道修正も課題が小さな内に取り組めるんですよ。

 

なぜ、昨日(の自分の感覚)とは違うのか?

 

この、違和感への気付き・振り返り・言語化こそ

家庭も仕事も問わず、接する人たちとの関係を

良好、かつ質を向上させる大切な行為だと

私は本気で思っています。

 

問題があってから取り組もう

こんなスタンスは、何も生みません。

 

警察や裁判制度は、実害、実質的な損失がなければ動けません。

ドラマでは、そんな姿勢に憤慨する場面を目にすることがありますよね?

 

明らかに相手方が悪いのに、守る為の存在が守ってくれない歯がゆさ。

その気持ちって理解できますよね?

個人に対しても組織に対しても、人の評価の仕方は変わらないものだと思います。

 

問題に発展するということは、その前から気持ちのズレや不快感を与えていたということなんです。

 

ここに焦点を当てないと、分かった時には手遅れなことが起こります。

家庭も仕事も上手くいっている人は

何気ない小さなことで

小さな軌道修正を

手を掛けずに、たくさんしているんですよね。

 

 

最後に告知です。

令和元年7月7日(日)

13時30分

上野にて

嶋かおりさんとのコラボセミナー開催!

 

結婚に繋がる大人の恋愛セミナー

参加費 3,000円

 

私の講演内容は

 

恋愛も仕事も同じ

『パートナーとなる方の見極め方』

 

夫婦円満が続く

『カップルのタイプと部屋のマッチング方法の公開』

この2本立てです。

 


知る努力と、自分で立ち向かう覚悟を。

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

600万円以上のコストカット夫婦円満を約束する

不動産の家庭教師

嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。

 

お問い合わせはこちら♪