資産形成を若いころからされているご夫婦ですと

ご子息の大学進学時の住まいを

買ってあげるか?借りてあげるか?

検討されるものです。

 

 

それは住むため?増やすため?

今回の相談内容は

お子様が大学受験を控え、子どもの為の住まいを

どう考えることが正しいのか?

 

受験がうまくいけば上京することになり

一人暮らしとなることは必至。

検討している間取りは2LDKとのこと。

 

なぜ、ワンルームではないのか?

 

自分たちが行った時に部屋に泊まれてホテル代も浮く。

卒業後に売却すれば高い金額で売れる。

だから、頭金(投資額)は投資効率が良いのでは?と考えたとのこと。

 

この回答は、よく耳にします。

情報源、入れ知恵はどこからなのかの予想はつきます。

 

増やすことが視野に入っているなら

『何度、泊まりに行くことになって、いくらお金は浮くことになるのですか?』

『卒業後の売却が今よりも高くなるという前提は、どこからですか?』

 

この質問に対する回答で

購入を考えた背景が明らかになりました。

 

不動産会社の接客担当者がそう言っていた、と。

やっぱり、としか言いようがありません・・・

 

その提案物件が新築マンションの提案であるならば

検討をお止めください。

 

『これ以上貯蓄を増やす必要性はない』

『将来の生活資金は十分に用意できている』

そうでなければ、断言として検討中止をご提案します。

 

そもそも誰からの提案で、そう考えるようになったのか?

これは、とても大事な確認事項です。

 

相場の上下は誰が決める??

それを決めるのは、その会社ですか?担当者ですか?

相場は経済の繁栄であり、投資の基礎根拠です。

 

たかだか一つの不動産会社程度が悟れるものではありません。

海外の出来事でさえも物件価格は急落を招くことがあります。

 

相場が急落した時に、諦めはつくのか?

自宅と投資を分けて考えることを、自宅購入のプロとして

とことん前面に出したうえで

気持ちの整理、考えの整理、お金の価値観を確認することが大事です。

 

精神的リスクヘッジも取る

自宅は消費だと割り切れないと、ネットや不動産会社に振り回されます。

責任の取れない人間の甘い言葉だと認識してください。

不動産のトラブルバスターとしての忠告です。

 

自宅は消費だと、経済市況とは切り離して考える。

それが、全国を活動地域としている者として

どの地域の方にも損や失敗をさせない基礎中の基礎としてお伝えします。

 

輸入雑貨、輸入食品を中心としているスーパーは

世界経済で価格の上下が目に見えて表れます。

 

こういった他人軸の物ごとを生活の基盤からは外す。

それが精神的リスクヘッジを取れているかという指標です。

 

今、利益が出ない物件に希望を持たない

投資用新築マンションで毎月損失が出る物件なのに

売却時に利益を見込む・・・

 

これ、投資ではなくギャンブルと変わらない考え方だと気付きますか?

投資なら、『お金が毎月増えていくもの』からブレてはいけません。

 

しっかりと利益が生まれる賃貸経営だから

買い替える、資産を組み替える際に

不動産の弱点である『流動性』を補うことが出来るのです。

 

新築物件ならば買い替えるタイミングは基本的に決まっています。

それを販売担当者から、しっかりと教えてもらってください。

 

教えてくださる方から購入してくださいね。

 

これは無料相談の範囲です

今回は、具体的な物件に対する質問ではなかったので

1時間の無料相談の範囲とさせて頂きました。

 

不動産の基本的な考え方の解説は無料です。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

買い方一つで600万円以上の損を防ぐ
自宅の購入準備コンサルタント
嶌田 竜也(しまだ たつや)

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪