自宅購入の動機に、団体信用生命保険があるから万が一の時に安心だ、という声があります。

ちょっとした比較のご提案。

 

団体信用生命保険、通称【団信】。

大きな事故、生命に万が一のことがあった際に、住宅ローンの残り(残債)を0円にしてくれる生命保険。

 

民間の住宅ローンでは、すでに金利にこの保険料が含まれていて、加入が必須です。

 

それに対して、借入の全期間がローンを組んだ時点での金利で固定されるプランが【フラット35】は、団信の加入は任意。

つまり、自由です。

 

何が言いたいか?

フラット35を住宅ローンのプランとして検討しているなら、団信以外の生命保険プランも知ってから≪暮らしの保障≫を組み立ててはいかがでしょうか?とご提案させて頂きたいのです。

 

不動産会社から、その提案をされることは多くはないからです。

実際に、前職ではそういった研修、学びはありませんでした。

 

自分で、様々な人と出会い教えて頂けたから、考え方の提案ができるようになっただけです。

 

団信の適用条件は、事前に確認できます。

よーーーーく読んで、適用される状況を想像できるぐらい確認してください。

 

次に、あなたは生命保険に加入されているでしょうから、ご担当者に連絡して【収入保障保険】について知りたいと言ってください。

資料をもって説明を受け、適用される状況と保障内容と保険料を確認してください。

 

この比較が、どんな方に対してどう有効的か?

それを言い表すには、読み飽きるほど長文になったり誤解を与えかねません。

ただ、多くの方の考え方や物の比較の仕方は変わると思います。

 

別分野のようで絡み合っていることが、不動産にはたくさんあります。

分野を超えての物の見方を知ってみてください。

 

低金利時代だからこそ、この比較が意外な安心をもたらしてくれる『住宅ローンプランと生命保険プランの組み合わせ』が出来上がったりしますよ?

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

買い方一つで600万円以上の損を防ぐ
自宅の購入準備コンサルタント
嶌田 竜也(しまだ たつや)

紹介割引で仲介手数料70%OFF
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪