今朝、ホームページから問い合わせがありました。

 

見てみると、2つ前の勤めていた会社の後輩。
今では家族ぐるみで付き合いがある程の仲。

 

メッセンジャーでもLINEでも繋がっています。

 

それなのに、わざわざホームページを開いて問い合わせてくれたようです。

 

普段から、ノリも良いし、楽しませるセンスも抜群。
それでいて、気遣いもデキる年下。

 

まさか、私の仕事に対してまで気遣いをしてくれるとは…

 

先日も、数年前に知り合った年上の方は

お客様を紹介してくださった際に

わざわざホームページを経由してくれました。

 

紹介元の方の名前も添えてあってわかりました。
(同姓同名で勘違いして、失礼な態度にならなくて助かりました。)

 

何が嬉しいかって…

お二人とも社名ではない、このホームページを

経由してくれていること!

 

こちらのホームページにブログを挙げていることを

知っているから出来ること。

 

後輩に至っては、Facebookの企業ページに転載されるブログ記事に

「いいね!」を押したことがないのです。

 

それでも、私の活動の仕方を

見ていてくれていることがわかりました。

 

こうした、支えや気遣いのうえで

私は成り立っていると実感します。

 

本当に感謝しかありません。