ご縁のあった方からの推薦があり、千葉県君津市から講演依頼を9月下旬で、正式に頂きました。

 

20代・30代で知っておきたい600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

ことの発端は、気軽なランチ会。

保護者会などの限られた一般の方のコミュニティ向けなら講演料はいらないから話しをしてみたいという想いがある、と話したところ実現させてくださいました。

 

参加費無料ではお金をもらっても講演をしない理由

不動産業界といえど、私はコンサルタントとして「情報や経験への対価」を広めたい、文化を根付かせたいと思っています。

 

ですから、お金をもらっても参加費無料はイヤだという考えを持っています。

(主催企業に入会金等を支払っている会員は無料という条件は了承しています。)

今回も、500円でもいいから設定してほしいという考えも伝えていました。

 

ですが、今回は市が催してくださいます。

つまり、普段支払っている住民税が財源です。

 

税を払うことへの価値を感じてもらう一環として参加費無料をお請けしました。

市としての開催であれば通常のことであったとしても、今回、参加費無料をお請けした考えについても一言、冒頭で触れていくつもりです。

 

メインの講演内容ですが、賃貸も含めて契約内容で気を付けた方が良いことや、自宅の購入で考えておいた方が良いことを話してほしいとのことでした。

 

専門家が話したいことと、皆さんが知りたいことにはズレが有って当然ですので、事前に具体的に聞きたいことは募れますか?

と要望を出してみました。

 

欲を言うと・・・

本当は、その場で質疑が挙がるパネルディスカッションが嬉しいんですけどね。

質問が挙がらないと盛り上がらないリスクもあるので、企画としては実現が難しいですよね・・・。

 

機会があれば、一般の方とのパネルディスカッションをしてみたいです。

 

補足

嶌田のセミナーや講演を一度、聞いてみたいので参加したいという要望を頂きましたが、席数は少なく、また住民税の価値の実感を上げることも、私の中で重要になっています。

 

大変恐縮ではございますが、君津市民以外の方のご参加をホームページやSNSで募るつもりはありません。