自宅の売却の際に、ありがちな損や失敗してしまう手順をご存知ですか?

 

20代・30代で知っておきたい『不動産屋さんに行く1年前にはしておくこと』

600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

結論から申し上げます

失敗する手順とは、意外にも、初めに不動産会社に相談すること、不動産を知ろうとすることです。

 

対処方法

最初にすべきは、自分と家族(親族)の気持ちを整理して、一人ひとりが自分軸を持つことです。

 

『そんなこと、しているよ。』と思いましたか?

 

けれど、私からのヒアリングに答えられた方は、この15年間で10人もいないんですよ。

 

つまり、プロが知りたいこと、知りたいシチュエーションに対して、その自分軸の応用まで想像できていないのが現実です。

 

例えば

相続した実家や投資用ワンルームマンション。

 

「毎月の損は節税に繋がると聞いたけど、実感が湧かないから売ろうと思っている」

と、意向は答えられても・・・

 

「不安、不満が解消されるなら売らなくてもいいですか?」

この質問を解消提案付きで私が話しても即答できる方、実はいないんですよ。

 

≪価値がない=不当ではない≫になっていても、≪不要ではない=価値がある≫までは話し合えていないから。

 

これは、『どうして不要に思うのか?』の理由をきちんと理解し合える話し合い方をしていると、即答は出来るものです。

 

大事なことは、話し合い方が価値観の確認になっていることです。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪