先日、賃貸物件探しの同行の際に、見積書の項目についてアドバイスをしました。

 

そうしたところ、お客様が自ら動き結果に繋がったようです。

 

今回は、お客様の勤め先が契約者となる『法人契約』であり、契約事務手続きは代行会社に委託されているものでした。

 

しかし、お客様が代行会社に連絡を取り、不適切と思われる項目について話したそうです。

 

代行会社というのは、多くは不動産会社が行なっています。

でも、電話対応者は、不動産に精通しているとは限りません。

 

だからこそ、「審議に掛けて欲しい」と伝え、違和感と根拠を話せれば上席に話しを挙げてくださいます。

 

ボディガード費 1万円。

契約金の軽減、諸々を合わせ、約5万円。

 

当初から、元を取ろうとは思っていなかったお客様ゆえ、喜んでご報告くださいました。

 

不動産関連の会社は、使い方次第で味方についてくれます。

現代は、『知らないことは、コスト』と言われます。

 

是非、いろいろな情報を手にしていってください。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。
各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

買い方一つで600万円以上の損を防ぐ
自宅の購入準備コンサルタント
嶌田 竜也(しまだ たつや)

紹介割引で仲介手数料70%OFF
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪