慣れるわけのない自宅の売却ですが、売る時に必要以上の手間は掛けなくても大丈夫ですよ。

 

今回のご相談は、売却をしようと不動産会社に足を運んだところ、売主が工事費を全額負担してフルリフォームをすれば売れると2つの不動産会社に言われたけれど、信じていいものか見てもらいたいというもの。

 

問題になっています

ここ数年、行税としても中古物件の流通を促そうと様々な施策を打ち出しています。

おかげでリフォーム工事費用のための借入も難易度は下がってきました。

その後押しもあり、不動産会社が売主様に物件を売り出す前にフルリフォームを提案することが増えてきています。

 

けれどその一方で、なかなか売れず時間が長引く→値下げの提案をされる→想定した金額で売れない、金額を下げても売れないことから、不動産会社の責任ではないか?ということで抗議が入ることが大変多くなっています。

 

一般の方が弁護士へ、相談が持ち掛けられることも多くなっているほどです。

 

買主側の視点を持った提案てなんでしょう?

 

不動産会社から提案をされた時、売主が瞬間的に思うことは『室内が綺麗で、水回り設備も新しくなっていれば面倒なこともなく、印象も良いから購入申し込みが入る可能性が高くなりそう』と思うことでしょう。

 

けれど、買主が物件価格とリフォーム金額を合わせて借り入れて買える時代です。

しかも住宅ローンの利率での借り入れでです。

結果、通常のリフォーム工事だけの借入よりも月々は低い返済額になります。

 

ということは、どうせフルリフォームされた物件にするなら自分ですべて決めたい、こう考えるのが自然です。

でも、不動産会社(プロ)がフルリフォーム(リノヴェーション工事)を行なう物件は売れていきます。

 

なぜプロが行なうフルリフォーム物件は売れるの?

この世に設計士や建築士が果たす役割は何か?に立ち返るとわかります。

売主がリフォームしてから売り出す場合に、デザインを統括するプロが関わっていると思いますか?

違います。売主が工事会社と打ち合わせをして決めるだけです。

 

トータルプロデュースのない物件は、案内する不動産会社の接客担当者のモチベーションにも影響するわけです。

一見、室内が綺麗に整っているだけの物件で【フルリフォーム(リノベーション)】と販売図面に書いてあると、目が肥えているだけに接客担当者は期待を裏切られた気持ちになります。

 

かといって、トータルプロデュースの費用を負担すればいいのか?

はっきりと言いましょう。

 

売主がリフォーム工事費用を全額負担する提案自体に、自宅の購入準備に特化したコンサルタントとして賛同しづらいということです。

 

売主も不動産会社も考えることは、買主が喜んで買えることです。

 

現状(今の設備のまま)でも、クリーニングを入れるなり、印象を落としてしまっているところだけ手を入れれば良いと思います。

フルリフォームを検討する買主を接客する場合、不動産会社も考えて、見せる物件を提案しているものです。

 

購入の際に、そう思えない接客担当者なら変えてしまいましょう。

 

ちなみに、今回のご相談者の物件を見させて頂きましたが、下手に手を掛けるより、そのままで売り出したほうがいいぐらいでした。

現状で少しの手直しで十分であること、その為の工事費用の目安をご案内しました。

 

今回の損の回避額 300万円

依頼料 1万円(現地確認と質疑応答、売却のコツと注意点)

補足:専有床面積60㎡前後で、フルリフォームの工事費用が550万円以下の提案には疑問を持ちましょう。

※ご自身でリフォームを発注して【購入】する分には、トータルプロデュースが不要な場合も多いので可能でしょう。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしない為に。

各業界の担当者には、『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

買い方一つで600万円以上の損を防ぐ
自宅の購入準備コンサルタント
嶌田 竜也(しまだ たつや)

紹介割引で仲介手数料70%OFF
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪