不動産会社が勘違いしている基礎知識

今回は、自宅の購入前に投資用不動産を買っていた場合、知っておいた方が良いお話しです。

 

不動産会社の担当者に言われて初めて知る事実として、投資物件の残債額が住宅ローンの融資可能額に影響することです。

…とまぁ、これが多くの不動産会社の人間の認識です。

 

ゆえに、そう言われて予定していた予算で家が買えないとして話しが進むこともあります。

夢のマイホームの購入が数年遅れたり、時には、損をすることになっても投資用物件を売却するなどということも…

 

ただし、住宅ローン『フラット35』の場合は別です。

投資物件の残債があっても、それは融資可能額の審査に含まれません。

(専門用語で≪返済比率≫という審査項目です。)

 

つまり、他の住宅ローンプランでは年収からの単純計算からは減額されるものがなくなります。

結果、他のローンプランよりも借入可能額が伸びるということです。

 

予定通りの予算で物件を探すことができます。

なかには、家族から批難を受けていた、なんてこともあります。

知らない、勘違いの接客担当者の発言を鵜呑みにする怖さですね。

 

知る努力と、あなたが立ち向かう覚悟を。

あなたが、家族を守れる人になれますように。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。
各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

『30代で知っておきたい!不動産屋さんに行く前に知っておくこと』

600万円以上のコストカットと
夫婦円満を約束する不動産の家庭教師
嶌田 竜也(しまだ たつや)

仲介手数料70%OFFの交渉はお任せください。
♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪
お問い合わせはこちら♪