不動産業界では、特にこの違いは分かりづらいものですよね。

ちょっとしたエピソードも交えながらお話しします。

 

30代で知っておきたい『不動産会社に行く1年前にはしておくこと』

600万円の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田です。

 

まずは、簡潔に結論から

 

コンサルティング料とは、お客様の考え方や選択の質を上げるもの。

仲介手数料とは、物件調査や報告の責任料です。

 

コンサルティング料は、お客様自身を引き出す、物件のポテンシャルを認識できるようになる、プロと『対話』が出来るようになることなどを目的としています。

 

仲介手数料は、物件の紹介料や契約手数料と認識されているのが一般的なのではないかと思います。

しかし、この認識は改めなければなりません。

 

仲介手数料は、重要事項説明書の不足はなかったか?不備はなかったか?街の規制や物件への理解、取引条件への理解は十分に果たせたか?これが目的です。

 

お金を頂くとは、責任の所在・・・責任はどこにあるのか?ということです。

 

これらから分かって頂きたいことがあります。

 

不動産コンサルティングの誤解

 

お客様に「家が欲しい」と言われ、その条件に見合うものを直ぐにだせることや、紹介した物件を詳しく話せることが不動産コンサルティングではありません。

投資用不動産も自宅も、ここに差はありません。

 

なぜなら、欲しい時期が適切な時期とは限らない、お客様が欲しいと言っている物件条件が望んでいる住み方や暮らしを言い表しているとは限らないのに、言われたままに動くならコンサルティングとしてのプロフェッショナルではないからです。

お客様の考え方や物件の見極め(選択)の質は上がっていませんよね?

 

そうそう、一つ「選択」の質が上がる知識を。

不動産免許も持たず、物の売り買いを収益の主目的とした違反営業を行っている不動産コンサルティング会社が本当に多いのでお気を付けください。

 

特徴の一つは、コンサルティング料金が会って話しを聞いても不明瞭な会社。

つまり、どこの誰からお金を幾らもらっているか分からない会社です。

 

先日、TVに出演した際、リアルタイムで頂いたコメントにもありました。

「コンサルティングって、どこからお金もらっているかわからないよね~」

 

この疑問は、とても大切です。

こういった点を見ようとする目が大事です。

 

お金を払うという行為は、その相手へ責任を追及できるということ。

自分は払っていなくても、どこからかわからないところから、そのコンサルタントへお金が流れているということは、あなたの味方とは言い切れない、適切な価格で商品を提供されているとは言い切れないということ。

 

自分の払っている対価とその方の身に着けているものを見定める目を持ちましょう。

 

 

プロフェッショナルって何?

 

以前、歯科医師の方に教えて頂いた話しがあります。

「お客様が知っている中で望む治療と、医師として多くの知識と経験から導き出す最適な治療とでは異なるのが当たり前」

 

「予約についても、予め約束していた日を簡単に延期する人が多いけれど、プロとして次の期間までのことも考慮して処置をしている」

「それを延ばすことはトータルで見ている治療計画を狂わせているということ」

 

「何の為に、プロに治療をお願いしているのか?」

「その本来の目的から逸れていることに気付かないと意味もお金を払っている価値も下がる」と。

 

自宅の購入準備コンサルタントである私は、医師もコンサルタントなのだと認識した瞬間でした。

 

これらのことからも、上記の「直ぐに物件を紹介して売り買いする人」が不動産コンサルティングではないと定義できるのではないでしょうか?

 

そもそも、コンサルティングとは「答えを提供するもの」とは、どこの世界の辞書にもありません。

答えを提供し、お客様をそれに乗せることが仕事では「決定者」になってしまいます。

 

先ほどの歯科医師も、トータルの治療計画を私に提示しただけではなく、予算は?期間は?望むものは?と、ゆっくり丁寧に確認してくださいました。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

 

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪