先日、ご相談くださったお客様が経営する会社から、コラム執筆依頼を頂きました。

20代・30代で知っておきたい600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

先方の会社のホームページリニューアルに伴い、サイトにコラムを展開されるということでのお声掛け。

 

どの人の役に立ちたいのかを理解している方の違い

ハッキリ言いまして、不動産コンサルタントとして私は、ネットにも本にも載っていない実践的で、価値のあることで話せることは山ほどあります。

 

話せることが在り過ぎて、『なにを皆さんは聞きたいのか?どんな話しが役に立ったと思って頂けるのか?』の優先順位がわからなくなっています。

だから、日々の相談ごとから話題を挙げている次第です。

 

今回のお客様は、お題を決めてくださいました。

自分のためではなく、人の為に自分の会社を使おうとするその優しさは、こちらを俄然やる気にさせますね。

 

誰の、何に、どの場面で役に立ちたくてコラムを書かせているか解らないサイト、増えましたよね・・・

記事のテーマは立派なんですが、『これ、誰得な情報なの?』としか思えないもの。

 

メディアって、こんなものかと思っています。

 

情報サイトとして業界を絞り込んでいても、そこに想いをもって担当する社員を配置させなければ、立ち上げた目的を見失い価値が無くなります。

 

ご自身が携わる業界の働き方への心配からの依頼

今回のお客様の『会社という枠』に囚われない、業界に対する心配という優しさから始まっているのだと感じられたので、異業種ながら自宅に特化した不動産コンサルタントとしてお力添え出来ることがあるのであればと思いました。

 

7月下旬のHP立ち上げに向けて

先方のHPのリニューアルは、まだまだ先なのですが、お題をいただけた嬉しさから即日、原稿は納品させて頂きました。

2本目もお題が決まっていますので、明日、書き上げる予定です。

 

このお客様のサービスそのものの目的は、『業界で働く方への活きるチカラの提供』なのだと分かります。

こういった確固たる想いが裏打ちされた仕事を提供する企業が大小を問わず増えてほしい、会社員の方は自分が例え事務であれ、仕事への取り組み方として持っていてほしいと思っています。

 

例え経理でも、想いを込めた仕事の仕方をされている方、いらっしゃいます。

私は知っています。

 

このブログは、各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪