先週末、コンサルティング会社の営業の方からの相談に仕事として請けることにしました。

結果、相談の翌日のアポイント2件が立て続けに即決で成約に至ったという報告が(^^)

初回レッスンと、それに基づくセッションをしたところ、スッキリした面持ちで終わりました。

 

そして本日、既に決まっていた翌日の2件のアポイントが立て続けに即決で契約に至ったというご報告がありました。

 

心理学を使った営業トークや、クロージングなんてしなくても、直ぐに変われて結果が出るのが、まともな営業です。

 

私は自分のやり方を押し付けるつもりも、教えるつもりも毛頭ありません。

だって、私にしか使えないから。

 

コンサルティングとはお相手の個性を活かし、その個性をコンサルタントの個性をもって守ることが仕事だとしています。

ここに本業の不動産コンサルティングである家庭のオリジナリティーを引き出すことも、営業マンの個性を引き出すことも本質的には同じです。

 

 

ハッキリ言ってコンサルタントの役目はその人、その企業の絶対手法、絶対手段を押し付けない事が仕事だと思っています。

 

きちんと社会の役に立てる会社にいるなら即日にコンサルティング効果が出ることが普通です。

自分の話しを聞いてくれる、会社のサービスに興味を示してくれているお客様に感謝して接していれば、誰でも楽しく、成績は上げられますよ。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。