最近、不動産関連の方によく言われる言葉です。

そういう文章になってしまっているんでしょうか…

 

30代で知っておきたい『不動産屋さんに行く前にしておくこと』

買い方一つで600万円以上の損を防ぎ、夫婦円満が続く自宅の購入準備コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

本音を言えば

この言われ方をされると

『あぁ、私が携わることで果たしたいことが、まだまだ伝わっていないんだな・・・』

と凹みます。

 

個人的な意見としては、購入派です。

今の住まいを購入したから、サラリーマンの頃から仕事がし易い環境が整いました。

 

購入当時よりも、今の取り引き相場で≪含み益≫も生まれていますし、購入価格より下回らないことは明白です。

 

ただ、お客様ごとの状況、環境、趣味、嗜好によって賃貸の方が損をしないのか、購入をした方が損をしないのかは変わります。

 

自宅を購入したことで何百万円も、下手をしたら一千万円を超える≪知らなかった損≫が生じる場合が大半であることもわかっています。

 

だから、その個別の見極め方をすべて一般の方に公開することを仕事にしているだけです。

 

世間(雑誌やニュース)が言う、『購入派が多い』とか『賃貸派の意見がいいな』とか相対的、他人の意見に流されていることで損が生まれているというのが大きな原因だと言うだけです。

 

断言します

その情報、どうでもいいですよ?

 

大事なことは≪答え≫ではなく、≪見極め方≫です。

それは、どこも公開しません。

 

理由は、深すぎる大人の事情があるので、ここではさすがに書けません(笑)

 

では、なぜ、冒頭のようなことを言われるのか?

実は、わかってはいるんです。

 

世間では、『自宅は早く買った方が得だ、安心だ』、『賃貸よりも購入した方が金銭的に楽になる』と一辺倒に言われていることを、真向から『安易に決めつけないでほしい』と声高に言っていること。

 

自宅購入について興味や疑問を持っている方が、購入準備コンサルタントである私と話すと、一端、冷静に家族で話し合うこと、確認しなくてはならないことがあることがわかり、今の考えままでは危ういことに【気付いてしまう】。

 

そんなことを購入派の人間なら言わないでしょう。

 

自宅購入に特化したコンサルタントとして私は、きちんとした購入準備、正しい買い方をすれば、いくらでも損は防げることを知っているから、損をしてほしくないだけです。

 

長期的な視点、ゴールからの逆算を大きな買い物と呼ばれる全てのカテゴリーに適用させてみてください。

 

そうすると、あなたの家族だけのオリジナリティーがありながらも、損をしない原理原則にも則しているという一見、矛盾とも取れる状態で、それぞれのカテゴリーの上手なプランが出来上がります。

 

長期的な視点で考えることは大きな買い物である車も、保険も、資産形成も、本質は同じだと思っています。

 

このブログは、エンドユーザーの皆さんが損や失敗をしないために。

各業界の担当者には『お客様の信頼に誠実な対応で応える一つ』として書いています。

 

♪自宅の購入準備 無料相談のご予約♪

TEL:070-6971-8212
お問い合わせはこちら♪