不動産知識から家族会議のサポートまで

独立系ファイナンシャルプランニング会社や、外資系生命保険会社、不動産会社など多数の自宅購入の準備方法の講師を務める嶌田竜也が、家庭ごとの最適なタイミングの見極め方や、一人ひとりの個性と長所を活かす家族会議のポイントをお伝えしています。

 

はじめまして、不動産の家庭教師の嶌田(しまだ)です。

自宅購入を考えていてネットで物件検索はしているけれど、「不動産て、よく分からなくて不安。」だったり「言われるままに契約を進めると後悔するって聞く…」、そんな方に

① 大手不動産会社で11回のMVPを受賞し、1,500組以上の家族の住まいサポートをしてきた実績による「お客様の個性と長所の活かし方」「夫婦をチームとみる活かし方」発想構築力

② 600万円以上の無駄払いを、知るだけで防げる12の要素

この2つで、家族でしたいこと・家族にしたいことのライフデザインをサポートし、世間からの間違った刷り込み「早く自宅を買うのが正しい」ではなく「あなたに最適な購入時期と最適な住まい」が分かるようになります。

 

ところで、『不動産の家庭教師』って何?
そう思ったのではないでしょうか?

人生の大きな課題となる、受験や資格試験。
これらには準備期間に『知る、考える時間』があります。

でも、人生で最も高価な買い物になる自宅購入には、あまり触れられていませんよね。
不動産会社も物件の紹介はしてくれるけれど、準備段階からサポートしてくれるわけではありません。

だから、わからないことだらけなんです。

「住まいを理解できるようになってから自宅購入を進めたい」
そんなあなたの為に、完全個別対応で知識提供(試験勉強)から購入完了(合格)までサポートします。

賢い自宅購入が分かると、こんなことが出来るように!

① 知らないと損をする600万円以上の無駄払いの防止
② 家族一人ひとりの個性と長所の活かし方が分かる
③ 将来のお金が整う
④ 不動産投資の向き不向きの聞き分け
⑤ ご自身のお仕事が上手くいく

これまでのお客様の最低損失防止額は850万円。
最高損失防止額で3,000万円です。

それだけ、望んでいる暮らしの為の家と物件条件の書き出しに食い違いが出ているということです。
これでは、どんなプロに頼んでもポテンシャルを引き出せません。

オーダーにはコツがあるんです。
それは、どんな買い物にも共通するコツです。

さて、自宅購入で出来るようになることに、④と⑤は意外ですか?

自宅購入は理解の仕方さえ分かれば、幾らでも応用が利くから面白いんです。
家を買うことを、家のことだけで終わらせるのは勿体ないと思いますよ。

不動産は、住宅ローンも含めて世間、世界と繋がっています。
だから、お金のことも、仕事のことも理解が深まって、自分らしいやり方なのに効率や仕事の質が上がって当然なんです。
小学生でも理解できてしまうぐらい、とても分かりやすいのが不動産です。

簡単過ぎるから、不動産業界は誰もが上手くいく知識や情報を公開しない?
なんて思ったので起業した次第です。

世代を超え、その時代ごとに合わせる考え方までお伝えしています。
将来、お子さまに、お孫さんにも語って損から守れる内容です。
ぜひ、知って頂けたらと思います。

不動産の家庭教師って?